低血糖ダイエットは低インシュリンダイエットとも呼ばれます。
それでは、インシュリンとはどういった働きをするものなのでしょうか。
食事を取ると、砂糖や炭水化物などによって血中の糖の量、つまり血糖値が上昇し、それに応じてインシュリンが分泌されます。
血中の糖をエネルギーに変え、肝臓や筋肉に送る働きをするのがインシュリンというホルモンの働きです。
インシュリンが分泌されたにもかかわらず、処理しきれないほど血糖値があがったときには、血中の糖は脂肪として体内に蓄積されることとなります。
一度脂肪になってしまえば、なかなか脂肪を燃焼しにくいのは皆さんご存知のとおりでしょう。
そのため、太りたくない、ダイエットをしたいと思っている人にとっては、血糖値をエネルギーがあまらない程度の上昇に抑える必要があるのです。
食事をしても血糖値を急激に上昇させず、常に低血糖に保つ、これが低血糖ダイエットというダイエット方法です。
カロリーを制限するダイエットは良く知られていますが、血糖値を低いままで抑える方法といってもあまりピンとこないでしょう。
しかし、低血糖ダイエットはそれほど難しいものではなく、手軽に実践できるダイエットなのです。
ページ上部に