低糖質ダイエットに限らず、全てのダイエットは目標体重・目標体脂肪に到達するのがゴールではありません。極端に糖質を控えることやGI値の低いものばかり摂取することを生涯を通してやるのは難しいですが、その意識を持つだけでも大きく結果は異なります。低糖質ダイエットはインダクション、オンゴーイングを経て、最後はメンテナンスに移ります。低糖質ダイエットのメンテナンスというのは、目標体重、目標体脂肪に到達し、それをキープするのが目的となります。維持することが目的ですから、それほど摂取量を控える必要はありませんが、インダクション・オンゴーイングに取り入れていた魚と肉の1:1の法則やベリーや柑橘などのGI値の低いものを中心に摂取することは続けることが勧められます。低糖質ダイエットではどの期間中も主食、野菜、果物の選び方が重要となります。糖質に比べて、食物繊維の比率の高いものを選ぶことと抗酸化物質の比率が高いものを意識すると良いとされています。低糖質ダイエットの知識が最終的には健康づくりに役立てるのが、最終的なゴールなのかもしれません。
ページ上部に