低糖質ダイエットには三つのステップとなる期間があります。そのスタート段階となるのが、インダクションと呼ばれる低糖質期です。このステップの目的は脂肪の代謝率を向上させることによって、これからの低糖質ダイエットを加速化させるというものです。簡単に言えば、低糖質ダイエットを本格的にスタートさせるための助走です。このインダクション期の期間は14日間を目安にしており、この期間中は主食・牛乳・イモ類・果物・アルコールなどを摂取することはありません。三つのステップ期間のうち、一番食事が制限される期間がインダクションとなるため、この2週間がもっとも過酷でリタイアが多いとされています。とにかく、血糖値の上昇を最小限に抑え正常レベルにキープするためにも14日間は極限にまで制限し、肉と魚の割合は1:1にコントロールします。満腹感を味わう事は難しいですが、あらゆる野菜などで栄養を摂取し、空腹感をなくすようにしましょう。低糖質ダイエットでは腹八分が基本となっております。腹八分が習慣化されていれば低糖質ダイエットをやめたあとでも、急激な体重の増加などは防ぐことができるでしょう。
ページ上部に