いっぱい食べているのに太らない人もいれば、あまり食べないのに体重が減らない人もいます。
この違いは何でしょうか。
人はいつもエネルギーが足りていないと、その少ないエネルギーでも活動ができるように順応していく働きがあります。
カロリーを少なくすることばかりにとらわれていると、筋肉からもエネルギーを消費するようになり、それによって筋肉が減り、基礎代謝量が落ちてしまいます。
そのため、カロリー制限をしてせっかく体重が落ちても少し食べただけでリバウンドしてしまうようになってしまうのです。
血糖値のあがり方が急だとインシュリンが大量に分泌され、糖があまっているという判断から脂肪になってしまいます。
運動すればよいと考える人もいるかもしれませんが、インシュリンは脂肪の分解を助けるホルモンの働きを邪魔する働きもしてしまいます。
つまり、やせるには血糖値を急に上げないことが一番なのです。
リバウンドしないように体重を落とすには低血糖ダイエットが効果的です。
ページ上部に