脂っこい食事は太ると思っている人は多いのではないでしょうか。
では、油脂は摂取しないようにしたほうが良いのでしょうか。
答えはNOです。
バターやマーガリンのGI値は30前後とかなり低めです。
マヨネーズやドレッシングについても特別に警戒する必要なありません。
魚に含まれているEPAやDHAは不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪の一種ですが、これにはコレステロールを下げる働きもあります。
つまり、油だけで太ることはないのです。
それでは、脂っこい食事は太るというのはまったく根拠がないことなのでしょうか。
気をつけるべきは、油脂は炭水化物と一緒にとると体内に蓄積されやすいことです。
てんぷらやケーキやクッキー、ポテトチップスは油脂と炭水化物、または糖と一緒に摂取することになりますので、控えたほうが良いでしょう。
お菓子をまったく食べないというのが難しい方は、血糖値を急激に上げない方法を考えましょう。
つまり、血糖値がすでにあがっている食後に食べるのでなく、空腹時と同じ血糖値に戻る食後3時間くらいのときに食べるのです。
ページ上部に