アスリートや芸能人などが大きな成果をあげたことによって、ますます注目度が高まった低糖質ダイエット。低糖質ダイエットの中でも極端に炭水化物の摂取量を制限する方法というのが、アトキンスダイエットと呼ばれています。この方法は高い効果もあるのですが、極端に制限することによって、大きなストレスを抱えるリスクも高く、それなりの代償があるため、一般人が実践するには過酷すぎるとも言われています。アトキンスダイエットほど極端に制限しなくても、低糖質ダイエットで効果をあげることは可能です。通常の低糖質ダイエットではグリセミック・インデックス(GI値)が低い炭水化物を控えめに摂取し、脂質やたんぱく質の摂取割合を高めることによって効果をあげます。低糖質ダイエットのポイントとなるグリセミックインデックスというのは、炭水化物が消化され糖に変化するスピードを相対的に評価したものです。ちなみに基準なる数値がブドウ糖の100となっており、できるだけこの値が低いものを摂取することによって血糖値の急上昇を抑えることになります。このように低糖質ダイエットは炭水化物の種類を選択することも重要であるのです。
ページ上部に