低糖質ダイエットとは、炭水化物を減らせばいいと考える方もいらっしゃいますが、どのようなダイエットであれ、生活パターンをよりよいものに変えることができればもっと大きな効果が得られるはずです。
それでは、より良い生活のパターンとはどういったものなのでしょうか。
まず、朝の過ごし方ですが、できれば太陽を浴びてしっかり体を起こすようにしましょう。
とりあえず目を覚まし、ボーっとした状態で朝ごはんを食べて飛び出していったのではいい1日を送ることはできません。
ベッドの中で体をほぐした後に、日光を浴びながら背伸びをするなど、体が動き始めてからしっかりと朝食をとるようにしましょう。
朝食を摂らないと、昼食や夕食でいきなり血糖値があがり、結果的に脂肪を溜め込むことになってしまいます。
そして、夜帰宅したらシャワーで済まさずに入浴すること。
リラックス効果もありますし、入浴で汗をかくというのはそれだけで全身運動になります。
そして、入浴後に体温が下がっていくことで質の良い睡眠につなげることができます。
睡眠不足の人は肥満になりやすいとも言われます。
良い生活リズムを続けることがダイエットの秘訣なのです。
ページ上部に