低糖質ダイエットとは、摂取するエネルギー量を減らすことで脂肪を消費しやすくするダイエット方法です。
ダイエットをしているひとにとって、脂肪は大敵です。
脂肪に変わってしまうとなかなか落としにくいのは多くの人が体験してきたことだと思います。
それでは、脂肪はどのようにして蓄えられてしまうのでしょうか。
脂肪とは、摂取したエネルギー量が消費量を上回ったときに蓄えられるものです。
しかし、たんぱく質や脂質は生活していくうえで欠かせない、非常に大切な成分であり、この摂取量を減らしてはなりません。
ならば、脂肪をエネルギーとして消費する体にしてしまえばよいのです。
エネルギー源として使われるものは主に糖質です。
低糖質ダイエットとは、その名のとおり摂取する糖質を低く抑えるダイエットです。
糖質が少なくなるということは、エネルギーが足りなくなるということです。
すると、エネルギーが足りないと判断した身体は、脂肪を分解し、エネルギーとして使うようになるのです。
ページ上部に