低血糖ダイエットはGI値の低い食品であれば、カロリーや食べる量を考えずに食べていいといわれています。
でも、当然のことながら、GI値の低い食品であればどれだけ食べても太らないといったら嘘になります。
このように、低血糖ダイエットには誤解を招きやすいこともあるので、いくつか触れていきたいと思います。
GI値が低くなる食品は簡単にいってしまえば糖質が少ないといえます。
そこで、炭水化物を取らなければ良いのだと結論付ける人がいますが、それは間違いです。
炭水化物も人間が生きていくうえで欠かせない栄養素です。
一般的に、半分以上のエネルギーを炭水化物でとるべきとも言われています。
また、低血糖ダイエットにおいてよく言われるのは、インシュリンの分泌を低下させるとやせるホルモンのグルカゴンが働くことでやせられるという説明です。
グルカゴンがインシュリンと反対の働きをするのは確かですが、グルカゴンは血糖値が通常より低くなりすぎることを防ぐために分泌されるホルモンですので、GI値の低い食品を普通に食べていれば、血糖値が低くなりすぎることはありえません。
やはり何かを極端に減らすダイエットをするのではなく、大事なのは何事もバランスですね。
ページ上部に