運動は苦手だから食事制限だけするというのはよく聞きます。
食事を低糖質ダイエットにしたがってGI値の低いものに変えることで体重は減るかもしれません。
しかし、使うエネルギー量を増やせば効果は倍増しますし、長期的に良い体型を保つことができるようになるでしょう。
それでは、エネルギーの消費を増やすには運動しかないのでしょうか。
確かに体を動かすとエネルギーを消費します。
特別な運動だけでなく、1駅だけ歩いてみる、エスカレーターを使わないようにするといっただけでも効果はあるはずです。
運動してみたいなと思ったら、あまり負担なく続けられそうなものにするようにしましょう。
しかし、運動が苦手な人もいるでしょう。
そういった人は、基礎代謝量を増やすことを考えてみましょう。
基礎代謝量は筋肉量に応じて増えていきます。
筋肉を作るのは適度な糖質と高たんぱく質な食事が重要です。
しかし、体を動かさないのに糖質を摂ってしまっては脂肪になるだけです。
体を動かすなら少し糖質をとっても良いと考え、良い息抜きにしたいですね。
そして、ちゃんとエネルギーを排出すること。
便秘はうまくエネルギーが排出されていない状態なので、できるだけ改善したいですね。
一日2リットルの水を摂取するようにすれば、便秘改善にいいだけでなく、尿中にもエネルギーが排出されるようになるでしょう。
ページ上部に