低糖質ダイエットをより効果のあるものにするため、食事の回数と時間帯について考えてみたいと思います。
食事の回数を減らせばやせられるのではないかと考える人がいますが、これは間違いだといっていいでしょう。
人は少ないエネルギーしかえられなくなると、そのエネルギーでいつもの生活がまかなえるように体を変えてしまいます。
結果として少しの食事しかとっていないのに脂肪がどんどん蓄えられてしまうのです。
そのため、朝食はしっかりと食べるようにしましょう。
朝食を摂ることで一日の役割をしっかりと果たすことができますし、いらぬ間食やドカ食いを防ぐことにつながります。
そして、昼食から夕食までの時間についてですが、長い時間食事を取らないとどうしても何か食べたくなりますよね。
間食は食後3時間くらい経てば問題ありません。
しかし、このときにはGI値の低い食品を選びたいものです。
夕食は早めに済ませるようにしましょう。
血糖値の高いまま眠ってしまっては、睡眠中はあまりエネルギーを使わないため、脂肪に変わりやすくなってしまうからです。
ページ上部に