低血糖ダイエットとは、血糖値を急激に上げないダイエットのことです。
それなら、食事を取る回数を減らせばよいのでは、と考える人もいるかもしれません。
しかし、食事の回数を減らすことが太る原因になるのです。
食事の回数が減ると摂取カロリーも減ってしまいます。
するとその少ないエネルギーでも生活ができるように、人間は順応してしまうのです。
筋肉からエネルギーを使うようになり、筋肉が減り、できるだけ脂肪を蓄えようとしてしまいます。
すると食べる量が少なくても体重が増えてしまうのです。
やせようと思うのであれば、血糖値があがりにくいGI値の低い食品を使った食事を1日3食しっかり食べることです。
デザートについても食後に食べると血糖値がますます上昇してしまうため、食後3時間以上たってからのほうが良いでしょう。
3時のおやつというのは理にかなっているのです。
食事の回数を減らさず、無理せず低血糖ダイエットを続けるようにしましょう。
ページ上部に